Jカット & Lカット

Premiere Pro用のAutoCut拡張機能には、ユーザーが動画内で簡単にJカットおよび/またはLカットを作成できる新機能が含まれています。これらのカットは、あなたの動画にプロフェッショナルなタッチを加える素晴らしい方法ですし、視聴者を引きつけるためにも有効です。この文書では、この機能を使用する手順について案内します。

カット設定のセットアップ

JカットLカット はサイレンスモードのオプションなので、この機能を使用するには、まずAutoCutパネルでカット設定をセットアップする必要があります。やり方はいつもどおりです。

JカットとLカットのセットアップ

AutoCutがサイレンスを取り除くよう設定されたら、動画にJカットやLカットを適用できます。以下の手順に従います。

  • 拡張機能内のパディング & Jカット/Lカットパネルを開く。
  • パネル内でJカットLカットのオプションが表示されています。動画に適用したいオプションを選択します。デフォルトではなしに設定されており、これはJカットLカットも適用されないことを意味します。
ノイズレベル

遷移時間の調整

JカットLカット、または両方 を選択している場合、パディングは今やビデオとオーディオの間の遷移時間です。

前後のパディングを調整することで、オーディオとビデオが重なる時間を変更します

。これが遷移時間です。

カットとJカット/Lカットの適用

遷移時間を調整した後、単にカットして削除ボタンをクリックして遷移を追加します。